【スポンサードリンク】



2012年05月21日

2012年5月21日(月)金環日食報告

2012年5月21日(月)金環日食を見ました。
自宅近くの公園にスタンバイして、最初から最後までしっかり見ておりました(笑)
朝6時から9時ごろまででしたので、3時間ほどの天体ショーでした。
<高槻市>
日食始まり時刻:6時17分24秒(太陽高度16度)
 金環日食の始まり: 7時29分 9秒
 食の最大::7時30分12秒(高度は31度)食分0.942分12秒
 金環日食の終わり: 7時31分13秒
日食終了時刻:8時54分47秒(高度48度)
合計時間:2時間37分23秒間

032.JPG

高槻市は金環帯の端の方でしたので、太陽リングの真円率は9.4%。
最大食の頃には、雲が多い空になり太陽も見え隠れしていましたが、ベイリービーズのようなものも見ることが出来ました。

最大食あたりで、皆既日食のときに見られるダイヤモンドリングのような光(ちなみに私はダイヤモンドリングのことをプチトマトと呼んで主人に笑われています)が、今回の金環日食でも、日食の左上に見えました。
これはダイヤモンドリングではありませんが、なかなか素敵なものでした。


日食を見ていて肌で感じたこともあります。
暖かい日差しが、日食が進むにつれて徐々にひんやりして来ました。
鳥の鳴き声も暗くなれば止み、明るくなるとさえずりだします。
見るだけでなく、肌で感じる部分もしっかり味わえて良かったです^^

太陽の高さも(高度)徐々に上がっていくのも面白かったです。
普段こんなに太陽を長時間見続けることがありませんので。
6時代では少し顔を上げれば太陽が見える位置でしたが、日食が終わるころには首を上にしてみ上げる形になるので、かぶっている帽子が何度も落ちてしまうほどでした(笑)
太陽の動きを追っている自分もまた面白かったです^^


そして、日食が最大になるにつれ周囲に人が増え始め、太陽の面積が大きくなるにつれ人が減っていく様子も面白かったです(笑)
日食の見どころといえば金環日食ですから、このぐらいの時間をめがけて外に出てくる方が多いんですよね。
まして仕事に行く前の時間帯ですからぎりぎりまで出勤準備をして、早めに外に出て、日食を見てからお仕事に向かわれた方も多いんでしょうね^^
人間観察も面白かったです。


テレビやWEBでは、もうすでに金環日食の写真や画像が掲載されています。
私が見た物と少し形が違うなあと思いながら、様々な金環日食を見るのも楽しめます。

次回の天体ショーは2012年6月6日の金星の日面通過。

今回は普通の日食グラスとともに、太陽が大きく見える太陽観察用の双眼鏡(オペラグラスというのでしょうか?)を購入しておいたので、日食を大きく見ることが出来て感動もひとしおでした。
色味はビクセンの日食グラスの用がよかったですが、大きさは双眼鏡の方がよかったです。
ビクセン 日食グラス 金環日食観察グラス はなめがね Vixen 日食めがね [日食メガネ] (日本製 高品位遮光プレート使用 JIS規格準拠)

ビクセンの日食グラスは、目が痛くなりにくかったですし、真っ暗の中に太陽がくっきりと見えるのであたかも夜空のに浮かぶ月を見ているような見え方で、とても美しかったです。

金星は黒点よりも黒いので、日食グラスでも見えるそうですが、迫力に欠けそうですね。
太陽観察用の双眼鏡(オペラグラス)でまた、観察しようと思っています。
【日食グラス】 TO-PLAN 太陽観察専用オペラグラス オレンジ TKSM-005(OR)

2012年6月6日の金星の日面通過は見え方自体は地味ですが、レア度(希少度)が高い天体ショーで、次に地球上で見ることが出来るのは100年以上後だとか。
(日食は地球規模で考えれば、1年に一度は見られるのでレア度が低いそうです)

普通の日食グラスでは黒点はほぼ見ることが出来ませんでしたが、こちらの双眼鏡では黒点もくっきり見ることが出来ました。
金星は黒点よりはっきり見えるそうですが、せっかくですからしっかり見たいものです。
私が購入したの双眼鏡は3倍に見えるものですが、金星の日面通過のために、5倍に見える双眼鏡も購入しようと思います。

posted by しほ at 15:52 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... 【スポンサードリンク】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。